過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33255問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の事例を読んで、問いに答えなさい。

〔事例〕
N市に住んでいるDさん(64歳、男性)は38歳の時にバイクで事故を起こして、第6頸髄節(けいずいせつ)まで機能残存の頸髄損傷(けいずいそんしょう)(cervical cord injury)となった。上肢の筋力向上と可動域の確保のためにリハビリテーションを行ったが、手関節は拘縮して、スプーンを握ることはできなかった。また、夏になると障害の特性から体調が悪くなることを自覚していた。施設への入所も考えたが、家族と共に暮らすことを選んで、N市の居宅介護、重度訪問介護地域生活支援事業の移動支援等の障害福祉のサービスを利用して生活していた。
最近、Dさんは元気がなく沈んだ様子である。心配したE介護福祉職が、「最近、元気がないようですが、何か心配事でもあるのですか」とDさんに聞いた。Dさんは、「65歳になると介護保険のサービスに移行して、障害福祉のサービスが利用できなくなるのではないか」、特に、「趣味の映画を映画館で見るための移動支援のサービスを利用できなくなるのではないか」と心配していた。

入浴時にかけ湯をする際、Dさんがお湯の温度を感じられる部位として、正しいものを1つ選びなさい。
問題文の画像
1 .  A
2 .  B
3 .  C
4 .  D
5 .  E
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 総合問題 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
25
評価しない
正解は1です。
頸髄とは首の部分に存在し第1頸髄節から第8頸髄節まであります。(第1は首の上の方)数字が少ない方が体の機能が動きません。
主に頸椎を損傷された人は、損傷部分の下の手・足・体に障害が起こり四肢麻痺が起こます。
ですので正解は1です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
14
評価しない
正しいものは1です。

頚髄損傷では損傷をうけた部位より下の部分が麻痺しています。問題文に「第6頚髄節まで機能残存」とあります。よって、1が正しいです。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
1.正
問題文に第6頚髄節まで機能残存の頸髄損傷との記述があるため、胸から下について痛みや熱さ、冷たさなど温度の感覚がありません。

2.誤
1.の理由のため誤りです。

3.誤
1.の理由のため誤りです。

4.誤
1.の理由のため誤りです。

5.誤
1.の理由のため誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。