過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第41909問」を出題

問題

[ 設定等 ]




次の事例を読んで、問題について答えなさい。

〔事例〕
Jさん(71歳、男性)は20歳から造園業を営んでいた。2か月前に脚立から転落して、右大腿骨頸部骨折(みぎだいたいこつけいぶこっせつ)(femoral neck fracture)で入院した。骨折部位は順調に回復し、
下肢機能訓練により杖歩行も可能であると診断されている。しかし、訓練への参加は消極的であり、入院中は車いすで過ごしていた。退院後は自宅で過ごしたいという希望から、下肢筋力に対する機能訓練で5日前に介護老人保健施設に入所した。
入所後のJさんは、日中のほとんどをベッド上でテレビを見て過ごしている。排泄に関する移乗を依頼する以外に職員に話しかけることはなく、食事をしていても他者との会話はみられない。Jさんの表情が穏やかなときに歩行訓練に参加を促すが、「ああ、うん…」と言うだけで訓練に参加していない。
面会に来た妻によると、Jさんは、「施設で訓練しても歩けるようになるはずはない」と話していたということだった。また、妻は、「仕事が大好きで、仕事ができないことに相当落ち込んでいるようだ」と話した。

Jさんに対する長期目標の方向性として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
病院で機能訓練をすること
 2 . 
施設での生活に慣れること
 3 . 
造園業に再び携わること
 4 . 
話し相手を見つけること
 5 . 
新しい趣味を見つけること
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) 介護過程 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
5
評価しない
Jさんは骨折をしたことで、それまでは普通にできていた(造園業)をすることができない期間があったこと・車いすを使う生活になっていることが重なってしまい、気落ちしてしまっています。
この状況を考えて設問の選択肢を見ると、最適な【長期目標】を選択することとなっています。

そのため、正解は3の造園業に再び携わることが長期目標としては最適です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
最も適切なものは3です。

長期目標は利用者様が支援を受けながらも生活に目標が持て、努力していけるようなものにする必要があります。
事例の文の最後のほうに「仕事が大好きで、仕事ができないことに相当落ち込んでいるようだ」とあります。Jさんの仕事は造園業でした。そこから考えると3が妥当です。

他の選択肢については以下のとおりです。

1.誤りです。
機能訓練の目的で介護老人保健施設に入所しています。

2.誤りです。
利用者様のご希望は「自宅で過ごしたい」とあります。

4.誤りです。
事例の文の中に「移乗を依頼するとき以外に職員に話しかけることはなく、食事をしていても他者との会話はみられない」とありますが、長期目標として設定すべき内容ではありません。

5.誤りです。
事例にこれに優先度があるような記述はありません。

評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
1.誤 造園業に再び携わるための短期目標であるため、誤りです。

2.誤 1と同様に短期目標となるため誤りです。

3.正 Jさんのニーズは仕事をすることなので、再び造園業に携わることを長期目標にします。

4.誤 1と同様に短期目標となるため誤りです。

5.誤 Jさんは仕事を再びしたいので、新しい趣味を見付けることはニーズではないため誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。