過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48731問」を出題

問題

[ 設定等 ]
介護福祉職の倫理に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  介護の技術が伴わなくても、利用者の要望を最優先に実施した。
2 .  利用者が求めた医行為は、実施が可能である。
3 .  個人情報の取扱いについて、利用者に説明して同意を得た。
4 .  暴力をふるう利用者を自室から出られないようにした。
5 .  業務が忙しかったので、施設の廊下で職員同士の打合せを行った。
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) 介護の基本 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
5
評価しない
介護福祉職の倫理を問う問題です。

1.利用者の要望に応えることは大切ですが、介護の技術が伴わない場合は利用者が安心、安全に暮らすことが難しくなるので適していません。

2.医療行為は利用者が求めていても介護福祉職ではできません。ただし、喀痰吸引、経管栄養は医師の指示のもと介護福祉士や一定の研修を修了した介護福祉職が行うことができます。

3.日本介護福祉士会倫理基準にも定められている倫理行為です。3が正解になります。

4.身体拘束で禁止されている行為です。

5.施設の廊下での打ち合わせは個人情報の漏洩になりますので行わないようにしましょう。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。