過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48794問」を出題

問題

[ 設定等 ]
「障害者差別解消法」に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
法の対象者は、身体障害者手帳を持っている人である。
   2 .
合理的配慮とは、全ての障害者に同じ配慮をすることである。
   3 .
共生社会の実現を目指している。
   4 .
障害者は、合理的配慮の提供に努めなければならない。
   5 .
障害者差別解消支援地域協議会は、民間事業者で組織される。
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) 障害の理解 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
適切なものは3です。
「障害者差別解消法」は共生社会の実現を目指し、2013年成立、2016年施行された法律です。

他の選択肢については以下のとおりです。
1.誤りです。
障害者手帳の有無にかかわらず、障害のある人すべてが対象です。

2.誤りです、
障害の状態や性別、年齢などに配慮することです。

4.誤りです。
障害者ではなく、行政には合理的配慮の提供義務があり、民間事業者には合理的配慮の提供の努力義務があります。

5.誤りです。
障害者差別解消支援地域協議会は国と自治体が中心となり組織されるものです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1.×
対象となる「障害者」は身体障害者手帳を持っている人だけではありません。
身体障害・知的障害・精神障害・発達障害や高次脳機能障害・その他心や身体の障害があり日常生活や社会生活に制限を受けているすべての人が対象です。

2.×
合理的配慮とは、障害のある人から社会の中にあるバリアを取り除くための対応を求められた際、負担が重すぎない範囲で対応することです。
その内容は、障害の種類や重さによって変わります。
例えば、講演会を開く際には、聴覚障害者に対しては手話通訳や要約筆記を付ける、それらが見やすい席へ案内する、視覚障害者に対しては点字資料の用意や隣で資料の読み上げを行なう、などです。
聴覚障害のなかでも、手話ができる人できない人、専用の機材があれば聞き取れる人など状況は様々ですので、一人ひとりに合った対応が求められます。

3.○
全ての国民が、障害の有無によって分け隔てられことがなく、互いに尊重し合いながら共生社会を実現していくことを目的とした法律です。

4.×
合理的配慮の提供が求められているのは、国・都道府県・市町村などの役場、事業者などです。

5.×
障害者差別解消支援地域協議会を組織できるのは、
「国及び地方公共団体の機関であって、医療、介護、教育その他の障害者の自立と社会参加に関連する分野の事務に従事するもの」とされています。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1. 法の対象者は、全ての国民です。よって、間違いです。

2. 合理的配慮とは、個々の特徴や状況に応じて発生する障害のために適切な配慮をすることです。よって、間違いです。

3. 障害者差別解消法の目的として、共生社会の実現を目指すことが示されています。よって、3が正解です。

4. 合理的配慮の提供に努めなければならないのは、健常者側に求められます。よって、間違いです。

5. 障害者差別解消支援地域協議会は、国・地方公共団体の障害者施策に関連する機関や部署、社会福祉法人やNPO法人等の団体、学識経験者などで組織されます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。