過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士「発達と老化の理解」の過去問を出題

問題

ハヴィガーストの示した児童期(中期児童期)の発達課題に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
排泄のコントロールを習得する。
 2 . 
読み書き計算などの基礎的技能を習得する。
 3 . 
両親や他の大人たちから情緒面で自立する。
 4 . 
善悪の区別を習得する。
 5 . 
社会的に責任のある行動をとる。
( 介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度) 発達と老化の理解 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
97
評価しない
正解は2です。読み書き計算などの基礎的技能を習得することは児童期(時期でいう小学生の頃)の発達課題です。
児童期=小学生と思えば、解答しやすいと思います。

1→排泄のコントロールは乳幼児期の発達課題です。
3→両親や他の大人たちから情緒面で自立することは青年期の発達課題です。小学生はまだまだ早いですね。
4→善悪の区別も乳幼児期の発達課題です。
5→社会的に責任のある行動をとるのは青年期の発達課題です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
24
評価しない
正解は2です。

他の選択肢については以下のとおりです。
1→乳幼児期の発達課題です。
3→青年期の発達課題です。
4→乳幼児期の発達課題です。
5→青年期の発達課題です。

評価後のアイコン
評価する
12
評価しない
正解は2です。

ハヴィガーストは個人が健全に発達していく為に、それぞれの時期に果たさなければならない課題を設定しています。
児童期の発達課題にあたるのは2です。

1.排泄のコントロールは乳幼児期です。

3.情緒面の自立は青年期です。

4.善悪の区別の習得は乳幼児期です。

5.社会的に責任ある行動は青年期です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。