過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士「障害の理解」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 69
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 69
クリア

合格者一覧へ
片麻痺のある人のICF(国際生活機能分類)における「活動制限」として、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
復職できない。
 2 . 
手足が動かない。
 3 . 
言葉が理解できない。
 4 . 
旅行に行けない。
 5 . 
トイレに行けない。
( 介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度) 障害の理解 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69

この過去問の解説(3件)

評価する
49
評価しない
正解は5です。
「活動機能」として排泄などの身辺処理が挙げられています。「活動」制限としてはトイレにいけないことがあたります。
1の復職できない、と4の旅行にいけない、も活動制限な気がしてしまうかもしれませんが、ICFには「参加機能」という分類があり、仕事や旅行など社会的な活動は「参加」制限となります。

2と3は心身機能の制限となるので「機能障害」となります。

ICFの問題はややこしいので、参考書などの一覧図を頭に入れてしまったほうがいいです。
評価後のアイコン
2014/07/10 22:02
ID : hxoywgeqm
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
33
評価しない
正解は5です。
ICFは、人間と環境との相互作用の基本的な枠組みとして、ヒトの健康状態を系統的に分類するものです。生活機能の低下を3つの区分に分けています。心身機能・構造に問題の起きた「機能障害」、朝起きてから寝るまでの生活行為に問題の起きた「活動制限」、社会参加や他のかかわりの中の役割といったものに問題のおきた「参加制約」です。そのため5は活動制限になります。

各選択肢は以下のとおりです。
1→参加制約
2→機能障害
3→機能障害
4→参加制約
評価後のアイコン
2014/12/06 16:53
ID : wpoxudbb
評価する
24
評価しない
正解は5です。

ICFとは、健康状態に関連する生活機能と障害を分類するものです。

「活動制限」とは、「個人が活動を行うときに生じる難しさのことである」と定義されています。
ここでいう「活動」とは、課題や行為の個人による遂行のことをいいますので、5つの選択肢のうち実際に自分で遂行しなくてはならない課題は「トイレに行く」こととなります。
評価後のアイコン
2014/07/30 21:22
ID : bqzuosqqxo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。