過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士「第28回(平成27年度)」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 120
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 120
クリア
糸賀一雄の「この子らを世の光に」という思想に該当するものとして、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
経済的に生活できる社会的自立を保障する。
 2 . 
人間の発達を保障する。
 3 . 
困窮状態に応じて最低限度の生活を保障する。
 4 . 
障害者の職業の安定を図ることを保障する。
 5 . 
自由を制限する身体拘束の禁止を保障する。
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) 人間の尊厳と自立 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(3件)

評価する
20
評価しない
正解は2です。

糸賀一雄は、知的障害がある子どもへの福祉と教育に一生をささげた人物であり、日本の障害者福祉を広げた功績から「社会福祉の父」と言われています。

設問にある「この子ら」は、知的障害がある子どもたちのことを指しており、知的障害者に対する福祉のあり方を示した思想になります。

対象が知的障害者の子どもであることを考えると、2が正解だとわかります。
評価後のアイコン
2017/04/20 13:31
ID : ppswxtvfob
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
14
評価しない
正解は 2 です。

「この子らを世の光に」の中の「この子ら」とは、知的障害のある子たちのことです。

知的障害のある子供たちを同情やあわれみの目で見るのではなく、一人一人それぞれが個性を持った人間であるという思想を広めようと尽くした、糸賀一雄は「知的障害の父」として現在も称えられています。

評価後のアイコン
2017/01/25 02:00
ID : khpponogw
評価する
10
評価しない
解答 2

糸賀一雄の「この子らを世の光に」の「この子ら」は知的障害児たちのことです。この思想は、障害を持った子たちが生活主体者であること、発達を保証をしていくこと、社会がそれを認めることを理念としています。
評価後のアイコン
2017/04/28 22:49
ID : garuxmwjpo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。