過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士「第33回(令和2年度)」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 124
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 124
クリア
[ 設定等 ]
人権や福祉の考え方に影響を与えた人物に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
リッチモンド(Richmond, M.)は、『ソーシャル・ケース・ワークとは何か』をまとめ、現在の社会福祉、介護福祉に影響を及ぼした。
   2 .
フロイト(Freud, S.)がまとめた『種の起源』の考え方は、後の「優生思想」につながった。
   3 .
マルサス(Malthus, T.)は、人間の無意識の研究を行って、『精神分析学入門』をまとめた。
   4 .
ヘレン・ケラー(Keller, H.)は、『看護覚え書』の中で「療養上の世話」を看護の役割として示した。
   5 .
ダーウィン(Darwin, C.)は、『人口論』の中で貧困原因を個人の人格の問題とした。
( 介護福祉士国家試験 第33回(令和2年度) 人間の尊厳と自立 問1 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
10
評価しない

正解は、1です。

1・「ケースワークの母」として知られるリッチモンドは、1922年に『ソーシャルワークとは何か?』を出版しました。ケースワークの基本となる考え方を記しており、今もなお社会福祉、介護福祉に影響を及ぼしています。

2・『種の起源』はダーウィンがまとめた考え方です。

3・『精神分析学入門』は、精神科医であるフロイトがまとめた考え方です。

4・『看護覚え書』は、ナイチンゲールが看護について考えるために記した書物です。

5・『人口論』は、イギリスの経済学者であるマルサスが記しました。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない

正解は、1です。

1 説明文の通りになります。リッチモンドは、「ケースワークの母」と呼ばれました。点数アップの豆知識としては「グループワークの母」と呼ばれたのはコイルになります。

2 フロイトは、「精神分析入門」をまとめた人物で人間の無意識に注目しました。

3 マルサスは「人口論」について記しました。

4 ヘレンケラーは視覚と聴覚に障害がありました。「看護覚え書」とは、ナイチンゲールが看護について記した物になります。

5 ダーウィンは「種の起源」や「進化論」について関係のある人物になります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。