過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士「第23回(平成22年度)」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 120問 正解) 全問正解まであと120問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
Lさん(78歳、男性)は、脳卒中後遺症で左片麻痺と麻痺性構音障害がある。自宅復帰を目的に、つい先日、 病院から介護老人保健施設に入所したところである。妻によるとLさんは若いころから口数が少なく控えめな人だという。
現在、Lさんの発語ははっきり聞き取れない状態である。リハビリ室では言語聴覚士と共に、ゆっくり単語を話す 練習をしている。Lさんは普段は穏やかだが妻の面会時に、顔を真っ赤にして怒っている様子が見られた。その後、 妻が介護従事者に「私が来るといつも夫が怒るんです。つらくて…」と相談に来た。

【問題】
妻への返答として、適切でないものを一つ選びなさい。
   1 .
「気にしない方がいいですよ」
   2 .
「つらいですね」
   3 .
「こちらでしばらく様子を見てみましょう」
   4 .
「何か思い当たることがありますか」
   5 .
「ご主人を含めて、3人でゆっくり話しましょうか」
( 介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 形態別介護技術 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
20
評価しない

1:× 解決の手助けにもなっていないため。
2:○ 妻に共感して話をきくことは適切な対応。
3:○ 注意して様子を見ることは適切な対応である。
4:○ 妻から状況や悩みなどにきくことは適切な対応
5:○ 夫婦2人だけではなく介護者も含めて話し合うことは適切な対応

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解は1です。
回答の中で1だけが、共感的でもなく具体的な解決につながるものでもない、ただの気休めです。
気休めを言われても、妻の不安や苦痛は全く解消できません。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
解答 1
何の解決にもならず、気にしなくてよいというのは自己判断ですので不適切です。

2 共感することは大切ですので適切です。
3 関係づくりをする上で、様子をみて情報収集することは適切です。
4、情報収集することは適切です。その際、「なぜ怒っているか分かりますか?」「どうして怒っているのでしょう。」など、「なぜ」「どうして」の質問はできるだけ避けましょう。
5 第三者を含めたうえでの話し合いは第三者としての評価もできるため、適切です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。