過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士「第28回(平成27年度)」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 120問 正解) 全問正解まであと120問
次の事例を読んで、問題について答えなさい。

〔 事  例 〕
Aさん(70歳、女性)は、20年前に2型糖尿病(diabetes mellitus, type2)を発症して、8年前から血糖値の自己測定とインスリン(insulin)の自己注射を朝食前に行っている。4年前から変形性膝関節症(knee osteoarthritis)が悪化して車いすの生活となり、自宅での生活が少しずつ困難になった。要介護3と認定されて、2年前に介護老人福祉施設に入所した。入所後も、血糖値の自己測定とインスリン(insulin)の自己注射は介護福祉職の見守りのもとに行っていて、空腹時血糖値は120〜150mg/dl でコントロールされていた。ある日の夜中に数回にわたって下痢便が見られ、起床時には嘔吐し、腹痛と発熱が見られた。

Aさんの症状は、治療を受けて1週間ほどで回復した。しかし、その後、ぼんやりとした表情で過ごすことが多くなり、何事にもやる気がない様子で、「つらいから死にたい」と口にすることが多くなった。Aさんの訴えに対する介護福祉職の応答として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
「つらいことは考えない方がいいですね」
 2 . 
「死にたいぐらい、つらいのですね」
 3 . 
「死にたいと言うと、つらい気持ちが強くなりますね」
 4 . 
「死にたいと言うと、周りの人もつらくなりますね」
 5 . 
「つらいことよりも楽しいことを考えるといいですね」
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) 総合問題 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
5
評価しない
正解は2です。

Aさんはうつ状態にあることが考えられます。
うつ状態の人への対応で大事なのは、気持ちをわかってあげることであり、気持ちの理解をあらわす2が適切と判断することができます。

3や4は、本人が非難されていると受け取る可能性もあり、声かけとしては適切ではありません。
評価後のアイコン
2017/04/12 07:35
ID : ppswxtvfob
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は2です。

「つらいから死にたい」といった訴えには、前向きになるような発言や励まし、否定的な応答は逆効果ともいえ不適切です。

意欲が低下し、ぼんやりと過ごすことが多くなったことからも、考えを改めさせるようなことは言わず、相手の辛さを見つめ、見守ることが適切です。
評価後のアイコン
2017/06/14 21:37
ID : epcujbuen
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。