過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士「第31回(平成30年度)」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 125問 正解) 全問正解まであと125問
次の事例を読んで、問題について答えなさい。

〔事例〕
Jさん(女性)は、介護福祉士養成施設の学生である。Jさんは、希望していた障害児入所施設で実習をすることになった。この実習では、障害特性を理解して、介護実践の在り方を学ぶだけではなく、個別支援計画(介護計画)作成と実施、評価までの介護過程の展開を学ぶことになっていた。
Jさんは、対象となる利用者としてK君(15歳、男性)を担当することになった。
K君は重度の脳性麻痺(のうせいまひ)(cerebral palsy)がある。K君が2歳の時に両親は離婚して、母親が一人でK君を育てていた。母子の生活は困窮していた。K君が9歳の時に、母親はK君を施設に入所させることを希望し、この施設に入所することになった。現在K君は、言語による意思の疎通は困難であり、座位が保持できる程度である。また、てんかん(epilepsy)の発作(強直間代発作)が時々みられるが、重積発作ではない。

Jさんは個別支援計画作成にあたって、昼食後にK君と向き合う時間を多くとった。ある日、K君に話しかけていると、突然両上下肢を硬直させ、がたがた震わせた後、意識を失ってしまった。慌てたJさんはすぐに、近くの職員に連絡をした。
K君の発作が落ち着いた後、実習指導者がJさんに、K君の発作時の対応について教える内容として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
大声で名前を呼ぶ。
 2 . 
タオルを口にくわえさせる。
 3 . 
顔を横にして顎を上げる。
 4 . 
救急車を呼ぶ。
 5 . 
からだを押さえて発作を止める。
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) 総合問題 )

この過去問の解説(1件)

評価する
2
評価しない
てんかんの発作を起こした利用者さまがいるときは、介護福祉職には落ち着いて行動することが求められます。

1・2・5の対応は、てんかん発作が起こったときには不適切な行動になります。

てんかんの発作が、痙攣が体の一部にとどまり全身に広がっていない場合は、利用者さまの身の安全を確保し様子を見ます。
全身に広がっている場合でも、通常は1~数分で発作は収まり10~20分程度で意識も回復してくるので、そのまま様子観察で大丈夫です。

ただし、痙攣が長時間続く、意識が戻らないうちに再度発作が起こるという状況なら、治療が必要なので病院に行くのがベストなので、4は早すぎます。
3の対応は、利用者さまの軌道を確保する行動になるので正解です。
評価後のアイコン
2019/11/02 22:30
ID : mpghndnxq
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。