過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士「人間の尊厳と自立」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 14問 正解) 全問正解まであと14問
Aさん(65歳、男性、要介護2)は、昨年、アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type)と診断された。妻は既に亡くなり、娘のBさん(35歳)は遠方に嫁いでいる。Aさんは、現在、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)で生活している。Aさんは介護福祉職に対して、「Bは頭もいいし、かわいいし、きっと妻に似たんだな」とよく話していた。
Bさんが面会に来た時「誰だい。ご親切にありがとうございます」というAさんの声と、「私はあなたの娘のBよ、忘れちゃったの」「お父さん、しっかりしてよ」と怒鳴るBさんの声が部屋から聞こえた。
介護福祉職がAさんへのアドボカシー(advocacy)の視点からBさんに行う対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
Aさんへの行動は間違っていると話す。
 2 . 
Bさんに対するAさんの思いを話す。
 3 . 
Aさんの成年後見制度の利用を勧める。
 4 . 
Aさんとはしばらく面会しないように話す。
 5 . 
Bさんの思いをAさんに伝えると話す。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 人間の尊厳と自立 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
15
評価しない
正解は2です。

アドボカシーとは認知症などの症状により自己表明が難しい人の意見を代理人が代わりに表明することを言います。
介護職がいつも娘のBさんについてAさんから聞いている話を代わりに伝えることは正しい判断です。

1.混乱している人にいきなり間違いだと指摘するのは適切ではありません。

3.娘さんがいるにもかかわらず成年後見制度を勧めるのは間違っています。

4.面会を禁止するのではなく、認知症について理解してもらうことが大事です。

5.Bさん本人が伝えればよく、介護職が代わりに伝える必要はありません。
評価後のアイコン
2018/04/16 16:19
ID : ppswxtvfob
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
正解は2です。

アドボカシーとは、自己の意思や想いを表現することが難しい人の代わりに代理人が権利を表明することをいいます。

1,4,間違えではありませんが、アルツハイマー型認知症という病気のこと、接し方、今の状況などを説明し、理解して接していただく方が、B氏も安心されます。

3,成年後見制度という問題ではありません。

5,B氏が伝えればよいことなので、接し方伝え方を教えることが大切です。


評価後のアイコン
2018/07/04 16:16
ID : ffbfhvfo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。