過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士「人間の尊厳と自立」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 20問 正解) 全問正解まであと20問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

[ 出題範囲選択 ]
自宅で生活しているAさん(87歳、男性、要介護3)は、7年前に脳伷塞(cerebral infarction)で左片麻痺となり、訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用していた。Aさんは食べることを楽しみにしていたが、最近、食事中にむせることが多くなり、誤嚥を繰り返していた。誤嚥による緊急搬送の後、医師は妻に、「今後も自宅で生活を続けるならば、胃ろうを勧める」と話した。妻は仕方がないと諦めていたが、別に暮らしている長男は胃ろうの造設について納得していなかった。長男が実家を訪れるたびに、Aさんの今後の生活をめぐって口論が繰り返されていた。妻は訪問介護員(ホームヘルパー)にどうしたらよいか相談した。
介護福祉職の職業倫理に基づく対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
「医療的なことについては発言できません」
   2 .
「医師の判断なら、それに従うのが良いと思います」
   3 .
「Aさん自身は、どのようにお考えなのでしょうか」
   4 .
「息子さんの気持ちより、一緒に暮らす奥さんの気持ちが優先されますよ」
   5 .
「息子さんと一緒に、医師の話を聞きに行ってみてください」
( 介護福祉士国家試験 第33回(令和2年度) 人間の尊厳と自立 問2 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
21
評価しない

正解は3番です。

1  「医療的なことについては発言できません」→「~できません。」という否定は間違いが多いです。

2 「医師の判断なら、それに従うのが良いと思います」→確かに医師の判断は重要だが絶対ではないので間違いが多いです。

4  「息子さんの気持ちより、一緒に暮らす奥さんの気持ちが優先されますよ」→奥様ではなく、Aさんご本人の気持ちが重要です。

5  「息子さんと一緒に、医師の話を聞きに行ってみてください」→重要なのはAさんの気持ちになります。

ここで一番重要なのが、実際に胃ろうをするのはAさんということであり、まずはAさんの考えや意思が重要になってきます。よって、3 「Aさん自身は、どのようにお考えなのでしょうか」という設問が一番合っています。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない

正解は、3です。

介護福祉職の職業倫理の一つに「本人の意思に基づき、自らの決定を尊重すること」が含まれます。

1.医療的なことについての発言は確かに控えるべきですが、突き放したような言い方は不適切です。生活全般についてのアドバイスは介護福祉職として行うことができます。そのため、不正解です。

2.長男の意見に配慮した発言ではないので不適切です。介護福祉職は中立的な立場をとることが重要です。そのため、不正解です。

3.介護福祉職の立場からは、当事者であるAさん本人の意見を尊重すべきです。正解です。

4.中立的な立場をとるべき介護福祉職の発言としては不適切です。そのため、不正解です。

5.医師は胃ろうを勧めています。長男の気持ちを考えると、中立的な立場からの発言とは言えません。そのため、不正解です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。