過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士「人間の尊厳と自立」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 16問 正解) 全問正解まであと16問
『夜と霧』や『死と愛』の著作があるフランクル(Frankl,V.)が提唱した価値の説明として、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
公民権運動により差別を解消すること。
 2 . 
生命が制限される状況において、いかなる態度をとるかということ。
 3 . 
最低生活水準を保障すること。
 4 . 
ライフサイクル(life cycle)を通じたノーマルな発達的経験をすること。
 5 . 
アパルトヘイト(人種隔離政策)を撤廃すること。
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) 人間の尊厳と自立 )

この過去問の解説(1件)

評価する
2
評価しない
正解は2です。フランクルは多くの著書を著している精神科医・心理学者で、「夜と霧」は第二次世界大戦時にナチスによって強制収容所に収容された経験を元に書かれたものです。

1.公民権運動は、1950年代・1960年代のアメリカで少数派、特に黒人の権利の保障を求めて行われた運動です。関連する人物としてはキング牧師が挙げられます。

2.強制収容所に収容された経験から、このような価値が提唱されています。

3.「ナショナルミニマム」のことで、提唱者はウェッブ夫妻です。

4.「ノーマライゼーション」のことで、関連する人物としてはベングト・ニリエ(ニィリエ)が挙げられます。

5.アパルトヘイトは南アフリカ共和国で施行されていた人種隔離(差別)政策です。その撤廃に関わった人物としてはネルソン・マンデラ元大統領が挙げられます。
評価後のアイコン
2019/08/18 20:23
ID : cgyhtybqgx
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。