過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士「人間関係とコミュニケーション」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 20問 正解) 全問正解まであと20問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

[ 出題範囲選択 ]
Bさん(80歳、男性)は、訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用しながら自宅で一人暮らしをしている。最近、自宅で転倒してから、一人で生活をしていくことに不安を持つこともある。訪問介護員(ホームヘルパー)がBさんに、「お一人での生活は大丈夫ですか。何か困っていることはありませんか」と尋ねたところ、Bさんは、「大丈夫」と不安そうな表情で答えた。
Bさんが伝えようとしたメッセージに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
言語メッセージと同じ内容を非言語メッセージで強調している。
   2 .
言語で伝えた内容を非言語メッセージで補強している。
   3 .
言語の代わりに非言語だけを用いてメッセージを伝えている。
   4 .
言語メッセージと矛盾する内容を非言語メッセージで伝えている。
   5 .
非言語メッセージを用いて言葉の流れを調整している。
( 介護福祉士国家試験 第33回(令和2年度) 人間関係とコミュニケーション 問4 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
11
評価しない

正解は4番です。

訪問介護員(ホームヘルパー)Bさんに、「お一人での生活は大丈夫ですか。何か困っていることはありませんか」と尋ねたところ、Bさんは、「大丈夫」と不安そうな表情で答えた。→言葉(言語)では大丈夫だと言っているが、顔の表情(非言語)は不安そうな顔をしていると書いてあるので、言葉で言った事と顔の表情は同じ気持ちや考えではないことが分かります。よって、「言語メッセージと矛盾する内容を非言語メッセージで伝えている。」が最も適切な回答になります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない

正解は、4です。

言語メッセージはBさんの「大丈夫」という言葉、非言語メッセージはBさんの不安そうな表情を指しています。

1.大丈夫という言葉を、不安そうな表情で強調してはいません。そのため、不正解です。

2.大丈夫といいながらも、不安そうな表情をしており、相反する内容となっています。補強していないので、不正解です。

3.大丈夫という言葉も伝えています。そのため、不正解です。

4.大丈夫という言葉と、不安そうな表情は矛盾しています。正解です。

5.不安そうな表情は言葉の流れを調整していません。そのため、不正解です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。