過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士「社会の理解」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 72問 正解) 全問正解まであと72問
生活困窮者自立支援法に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
生活困窮者に対する自立支援策を強化して、その自立促進を図ることを目的としている。
 2 . 
必須事業として、就労準備支援事業がある。
 3 . 
任意事業として、自立相談支援事業がある。
 4 . 
住宅を確保する必要があると認められた場合には、生活保護法の住宅扶助が優先される。
 5 . 
どのような事業でも、NPO法人等へ委託することはできない。
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 社会の理解 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
2
評価しない
正解は1です。

第一条に生活困窮者に対する自立支援策を強化し、その自立促進を図ることを目的とすると記載されています。

2.就労準備支援事業は任意事業です。

3.自立相談支援事業は必須事業です。

4.生活保護法の住宅扶助よりも、住居確保給付金が優先されます。

5.NPO法人に委託することが可能です。
評価後のアイコン
2017/12/16 21:26
ID : ppswxtvfob
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
-1
評価しない
正解は「1」です。
平成27年4月から開始された支援制度で一人ひとりの状況に合わせた支援プランを作成し、相談者に寄り添いながら他専門機関と連携して解決に向けた支援を行うことです。

不正解とその解説
「2」・・・就労準備支援事業は任意事業となっています。

「3」・・・自立相談支援事業は必須事業となっています。

「4」・・・住宅扶助ではなく、住居確保給付金の支給があります。

「5」・・・NPO法人に委託することは可能です。
評価後のアイコン
2018/01/08 18:44
ID : dqdxemra
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。