過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士「生活支援技術」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 230問 正解) 全問正解まであと230問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

[ 出題範囲選択 ]
高齢者施設で利用者の死後に行うデスカンファレンス(death conference)に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
ボランティアに参加を求める。
   2 .
ケアを振り返り、悲しみを共有する。
   3 .
利用者の死亡直後に行う。
   4 .
個人の責任や反省点を追及する。
   5 .
自分の感情は抑える。
( 介護福祉士国家試験 第33回(令和2年度) 生活支援技術 問58 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない

1.適切ではありません。

デスカンファレンスは高齢者施設で利用者の終末期に関わったスタッフで行う為、ボランティアの参加を強制するものではありません。

2.適切です。

自らの悲しみを共有し、精神的なストレスを緩和し、次のケアへ繋げていくことが大切です。

3.適切ではありません。

利用者の死後直後は参加すべきスタッフが集まって時間を設けることが困難な為、あらかじめ開催日を決め、後日実施します。

4.適切ではありません。

デスカンファレンスは利用者へのケアを振り返り、感情の共有やケアの向上を図るものであり、個人の反省や責任を追及するものではありません。

5.適切ではありません。

デスカンファレンスは、それぞれの感情をスタッフ間で共有し、自らの精神的なケアを行う役割があります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。