過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士「発達と老化の理解」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 80問 正解) 全問正解まであと80問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

[ 出題範囲選択 ]
高齢者の糖尿病(diabetes mellitus)に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
アミラーゼ(amylase)の作用不足が原因である。
   2 .
ヘモグロビンA1c(HbA1c)の目標値は、若年者に比べて低めが推奨される。
   3 .
若年者に比べて高血糖の持続による口渇感が強い。
   4 .
運動療法は避けたほうがよい。
   5 .
若年者に比べて低血糖の自覚症状に乏しい。
( 介護福祉士国家試験 第33回(令和2年度) 発達と老化の理解 問76 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
19
評価しない

1.適切ではありません。

高齢者の糖尿病はアミラーゼではなく、インスリンの作用不足が原因です。

2.適切ではありません。

低血糖を予防する為、ヘモグロビンA1Cの目標値は若年者に比べ、同じか、高めが推奨されています。

3.適切ではありません。

若年に比べ、口渇感を感じにくくなります。

4.適切ではありません。

運動療法は推奨されています。

5.適切です。

若年者に比べ、低血糖の自覚症状は乏しくなります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない

正解は、5です。

1.糖尿病はインスリンの作用不足が原因です。そのため、不正解です。

2.ヘモグロビンA1cの目標値は、若年者に比べて高めが推奨されているため、不正解です。

3.若年者に比べ、高血糖の持続による口渇感は弱いため、不正解です。

4.運動療法は高齢者の糖尿病にも効果的です。そのため、不正解です。

5.若年者に比べて低血糖の自覚症状に乏しいため、注意が必要です。正解です。

評価後のアイコン
評価する
3
評価しない

適切なものは5です。

普通低血糖になると手足の震えや冷や汗が出ると言った

症状がありますが、高齢者はこれが出にくく、

またそれに近い症状があっても加齢のせいだと

思うこともあり自覚症状に乏しいです。

他の選択肢は以下のとおりです。

1.誤りです。

加齢によるインスリンの分泌不足です。

2.誤りです。

HbA1cの目標値は若年者に比べて高めです。

たとえば、40代の目標値は5.5ですが、70代だと6になります。

3.誤りです。

低血糖の自覚症状のところでも触れましたが、全体的に自覚症状に乏しいです。

4.誤りです。

適度な運動は必要です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。