過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士「こころとからだのしくみ」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 109問 正解) 全問正解まであと109問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

死亡直前にみられる身体の変化として、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
関節の強直
   2 .
角膜の混濁
   3 .
皮膚の死斑(しはん)
   4 .
下顎呼吸の出現
   5 .
筋肉の硬直
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) こころとからだのしくみ )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
20
評価しない
4.○
下顎呼吸とは、口をパクパクさせるように動かす呼吸のことで、死期が近づいていることを示す兆候の一つです。

1.2.3.5は何れも死後の身体の変化についての記述です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
1.関節の強直は死後直前に起こるとは限りません。関節可動域制限は日常生活のなかでも起こり得ます。よって、1は間違いです。

2.角膜の混濁は病気等何らかの理由で混濁することがあります。よって、2は間違いです。

3.皮膚の死斑は死後に起こります。よって、3は間違いです。

4.死亡直前は、呼吸が弱く、不規則な間隔になって乱れます。呼吸困難な下顎呼吸の出現は正解です。

5.筋肉の硬直は死後に起こります。よって5は間違いです。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
最も適切なものは4です。

他に見られるものとして、死前喘鳴や呼吸が徐々に増大と現象を繰り返すチェーンストークス呼吸、四肢のチアノーゼなどがあります。

他の選択肢1,2,3,5は死後に見られるものです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。