過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

給水装置工事主任技術者の過去問「第36334問」を出題

問題

[ 設定等 ]
止水栓の設置及び給水管の防護に関する次の記述の正誤の組み合わせのうち、適当なものはどれか。

ア  配水管などから分岐して最初に設置する止水栓の位置は、原則として道路内で宅地の近くとする。
イ  止水栓は、給水装置の維持管理上支障がないよう、メーターます又は専用の止水栓きょう内に収納する。
ウ  構造物の基礎や壁を貫通させて給水管を設置する場合は、貫通部に配管スリーブなどを設け、スリーブとの間隙を弾性体で充填し、給水管の損傷を防止する。
エ  水路を横断する場所にあっては、原則として水路を上越しして高水位以上の高さに配管する。
   1 .
ア:誤  イ:正  ウ:誤  エ:正
   2 .
ア:正  イ:誤  ウ:誤  エ:正
   3 .
ア:誤  イ:正  ウ:正  エ:誤
   4 .
ア:正  イ:誤  ウ:正  エ:誤
( 給水装置工事主任技術者試験 平成27年度(2015年) 給水装置工事法 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
10
評価しない
「ア」:(誤)
止水栓の位置は原則として宅地内で道路の近くへ設置する必要があります。

「イ」:(正)
記述のとおり、止水栓をます等へ収納しなければ、風雨にさらされたり、そのまま土に戻せば劣化が進みます。

「ウ」:(正)
記述のとおり、スリーブ等を設け、貫通部の間隙を弾性体で充填し、管体の損傷を防止する必要があります。また、剛性の構造物であっても、熱による収縮もあるので、充填材は弾性のものを使用する必要があります。

「エ」:(誤)
水路管理者との協議にもよりますが、原則として水路は下越しする必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
【解答:3】

選択肢1:誤り
止水栓の位置は、原則として『敷地部分の道路境界線の近く』に設置すること、とされています。
また、地形、その他の理由により敷地部分に設置することが適当でない場合には、道路部分に設置することもできるとされています。

選択肢2:正しい。記述のとおりです。
止水栓きょう内に収納する場合、周囲が沈下しないよう、十分締め固めを行う等施行を行い、堅固な状態にしなければなりません。

選択肢3:正しい。記述のとおりです。

選択肢4:誤り。
原則、配管は『下越し』で行います。

以上のことから、答えは【3】になります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この給水装置工事主任技術者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。