過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

給水装置工事主任技術者の過去問「第36337問」を出題

問題

[ 設定等 ]
給水装置工事に関する次の記述の正誤の組み合わせのうち、適当なものはどれか。

ア  口径20mmのポリエチレン1種二層管を配管するにあたり、曲げ半径を60cmで管を曲げて配管した。
イ  給水管を埋設するにあたり、ガス供給管と平行になるため、事故防止と修理作業を考慮して、給水管とガス供給管の離隔を30cm確保して埋設した。
ウ  呼び径50mmの硬質ポリ塩化ビニル管のTS継手の接合において、接着剤を塗布後、直ちにさし口を継手の受口にさし込み、管の戻りを防ぐため20秒間そのまま保持した。
エ  ポリエチレン二層管の接合の際に、管種( 1種・2種 )に適合した金属継手を分解して、袋ナット、リングの順序で管に部品を通し、リングは割りのない方を袋ナット側に向けた。
   1 .
ア:誤  イ:誤  ウ:正  エ:正
   2 .
ア:正  イ:誤  ウ:正  エ:誤
   3 .
ア:正  イ:正  ウ:誤  エ:誤
   4 .
ア:誤  イ:正  ウ:誤  エ:正
( 給水装置工事主任技術者試験 平成27年度(2015年) 給水装置工事法 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
21
評価しない
「ア」ポリエチレン管の屈曲半径は外径の20倍以上と規定されています。
設問の60cmは20倍以上となることから、答えは正です。

「イ」給水管を他の埋設物に近接する場合は、記述のとおり実施する必要があります。答えは正です。

「ウ」硬質ポリ塩化ビニル管のTS接続においては、口径50㎜以下は30秒以上、口径75㎜以上は60秒以上そのまま保持する必要があります。
記述は誤っているため、誤です。

「エ」ポリエチレン管の接合の際は、袋ナット、リングの順で部品を通し、リングは割のあるほうをナット側に向ける必要があります。
誤った記述のため、誤です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
【解答:3】

ア:正しい。
ポリエチレン管の曲げ半径は、管の外径の20倍以上とされてます。
20mm管の基準外径は約27mmのため、20倍は540mm(54cm)になります。
よって、アの記述にある60cmは20倍以上となり、適当となります。

イ:正しい。記述のとおりです。

ウ:誤り。
保持時間は呼び径 50mm以下は30秒以上、75mm以上は60秒以上が標準 とされています。

エ:誤り。
ポリエチレン二層管の接合の際には、エの記述のとおりに部品を通し、リングに関してはは割りのあるほうを袋ナット側に向ける必要があります。

したがって、答えは【3】になります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この給水装置工事主任技術者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。