過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

給水装置工事主任技術者の過去問「第36345問」を出題

問題

[ 設定等 ]
クロスコネクション及び水の汚染防止に関する次の記述の正誤の組み合わせのうち、適当なものはどれか。

ア  給水装置と当該給水装置以外の水管、その他の設備とは、仕切弁や逆止弁が介在しても、また、一時的な仮設であってもこれを直接連結することは絶対に行ってはならない。
イ  クロスコネクションの例として、当該給水装置と井戸水、工業用水、事業活動で用いられている液体の管と接続した配管が多いが、受水槽以下の配管との接続はクロスコネクションとはいえない。
ウ  合成樹脂管は有機溶剤などに侵されやすいので、そのおそれがある箇所には使用しないこととし、やむを得ず使用する場合は、さや管などで適切な防護措置を施す。
エ  配管接合作業において使用する接着剤やシール材等は、水道水に混入しても油臭、薬品臭等が発生することはない。
   1 .
ア:正  イ:誤  ウ:正  エ:誤
   2 .
ア:正  イ:誤  ウ:誤  エ:正
   3 .
ア:正  イ:正  ウ:誤  エ:誤
   4 .
ア:誤  イ:誤  ウ:正  エ:正
( 給水装置工事主任技術者試験 平成27年度(2015年) 給水装置の構造及び性能 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
7
評価しない
「ア」は記述どおりで、正です。

「イ」は、政令第4条第1項第6号により、当該給水装置以外の給水管その他の設備に直接連結しないこと、と規定されています。
受水槽以下の配管も同様、給水装置以外の給水管となることから、記述が誤っており、誤です。

「ウ」は記述どおりで、正です。

「エ」は、接合作業において接着剤、切削油、シール材等の使用が不適切な場合、これらの物質の流失や油臭、薬品臭等が発生する場合があるとされていますので、誤です。

答えは【1】です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
【解答:1】
ア:正しい。記述のとおりです。
 
イ:誤り。
水道法施行令第6条第1項第6号より
『当該給水装置以外の水管その他の設備に直接連結されていないこと。』とされており、受水槽以下の配管は給水装置ではないため給水装置以外にあたり、接続した場合クロスコネクションにあたるため誤りです。

ウ:正しい。記述のとおりです。

エ:誤り。
配管接合作業において使用する接着剤やシール材等が必要以上に多く使用した場合、管内に押し込まれ、水道水に混入し油臭、薬品臭等が発生する可能性があるため、誤りです。

したがって、答えは【1】になります。

〜下記、抜粋〜
【水道法施行令】
(給水装置の構造及び材質の基準)
第六条 法第十六条の規定による給水装置の構造及び材質は、次のとおりとする。
一〜五 (略)
六 当該給水装置以外の水管その他の設備に直接連結されていないこと。
七(略)
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この給水装置工事主任技術者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。