過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

給水装置工事主任技術者の過去問「第36382問」を出題

問題

[ 設定等 ]
水道の利水障害( 日常生活での水利用への差し障り )とその原因物質に関する次の組み合わせのうち、不適当なものはどれか。
   1 .
カビ臭 ----- ヒ素、フッ素
   2 .
味 --------- 亜鉛、鉄
   3 .
色 --------- 銅、マンガン
   4 .
泡だち ----- 界面活性剤
( 給水装置工事主任技術者試験 平成28年度(2016年) 公衆衛生概論 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
水質の異状において、「カビ臭」については、原水温の上昇に伴う藍藻類などの微生物の繁殖が原因で発生する場合があります。
「味」については、クロスコネクションによる異状や、鉄、銅、亜鉛などの金属を多く含む場合に発生する場合があります。
「色」については、白濁色や赤褐色が多く見られ、一定時間排水すれば回復します。
また、給湯器などに銅管などが使用されていると、青緑色の水が出る場合もあります。さらに原水にマンガンが多く含まれると、塩素と反応し、黒色に変色する場合があります。
「泡立ち」については、洗剤などにつかわれている界面活性剤などが混入している場合などにみられます。

上記により、「1」の記述に誤りがあるので、答えは「1」です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この給水装置工事主任技術者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。