過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

給水装置工事主任技術者の過去問「第36484問」を出題

問題

[ 設定等 ]
給水用具に関する次の記述の(   )内に入る語句の組み合わせのうち、適当なものはどれか。

① ( ア )は、各弁体のテストコックによる性能チェック及び作動不良時の弁体の交換が、配管に取付けたままできる構造である。
② ( イ )は、一次側の流水圧で逆止弁体を押し上げて通水し、停止又は逆圧時は逆止弁体が自重と逆圧で弁座を閉じる構造である。
③ ( ウ )は、1個の弁体をばねによって弁座に押しつける構造のものでⅠ型とⅡ型がある。
④ ( エ )は、寒冷地などの水抜き配管で、不凍栓を使用して二次側配管内の水を排水し凍結を防ぐ配管において、排水時に同配管内に空気を導入して水抜きを円滑にする自動弁である。
   1 .
( ア )二重式逆流防止器  ( イ )ダイヤフラム式逆止弁  ( ウ )減圧式逆流防止器  ( エ )吸気弁
   2 .
( ア )複式逆流防止弁   ( イ )ダイヤフラム式逆止弁  ( ウ )単式逆流防止弁   ( エ )空気弁
   3 .
( ア )二重式逆流防止器  ( イ )自重式逆流防止弁    ( ウ )単式逆流防止弁   ( エ )吸気弁
   4 .
( ア )複式逆流防止弁   ( イ )自重式逆流防止弁    ( ウ )減圧式逆流防止器  ( エ )空気弁
( 給水装置工事主任技術者試験 平成29年度(2017年) 給水装置の概要 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
5
評価しない
【解答:3】

① 二重式逆流防止器は、各弁体のテストコックによる性能チェック及び作動不良時の弁体の交換が、配管に取付けたままできる構造です。
配管に取り付けたまま交換できるため、メンテナンスが容易にできます。
また、二重式のため、単式に比べ逆止の確実性が高いという特徴があります。

② 自重式逆流防止弁は、一次側の流水圧で逆止弁体を押し上げて通水し、停止又は逆圧時は逆止弁体が自重と逆圧で弁座を閉じる構造です。
また、逆流防止を目的としてだけではなく、給水装置の水撃作用、異常な音などの緩和をする目的で使用することもあります。

③ 単式逆流防止弁は、1個の弁体をばねによって弁座に押しつける構造のものでⅠ型とⅡ型があります。
Ⅰ型は、逆止弁としての性能を維持しているかを確認できる点検孔があり、Ⅱ型にはありません。

④ 吸気弁は、寒冷地などの水抜き配管で、不凍栓を使用して二次側配管内の水を排水し凍結を防ぐ配管において、排水時に同配管内に空気を導入して水抜きを円滑にする自動弁です。
そのため、凍結を防ぐために水栓の蛇口を開けなくても、吸気弁を設置することで自動的に空気が入り、排水が自動的に行われます。


したがって、答えは【3】になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この給水装置工事主任技術者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。