過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

給水装置工事主任技術者の過去問「第46944問」を出題

問題

[ 設定等 ]
サドル付分水栓の穿孔施工に関する次の記述の正誤の組み合わせのうち、適当なものはどれか。

ア  サドル付分水栓を取付ける前に、弁体が全閉状態になっているか、パッキンが正しく取付けられているか、塗装面やねじ等に傷がないか等を確認する。
イ  サドル付分水栓は、配水管の管軸頂部にその中心線が来るように取付け、給水管の取出し方向及びサドル付き分水栓が管軸方向から見て傾きがないことを確認する。
ウ  穿孔中はハンドルの回転が軽く感じられる。穿孔の終了に近づくとハンドルの回転は重く感じられるが、最後まで回転させ、完全に穿孔する。
エ  電動穿孔機は、使用中に整流ブラシから火花を発し、また、スイッチのON・OFF時にも火花を発するので、ガソリン、シンナー、ベンジン、都市ガス、LPガス等引火性の危険物が存在する環境の場所では絶対に使用しない。
   1 .
ア:正  イ:誤  ウ:誤  エ:正
   2 .
ア:誤  イ:正  ウ:正  エ:誤
   3 .
ア:正  イ:誤  ウ:正  エ:誤
   4 .
ア:誤  イ:正  ウ:誤  エ:正
( 給水装置工事主任技術者試験 令和元年度(2019年) 給水装置工事法 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
8
評価しない
ア:誤り。取り付ける前に弁体は全開にします。
穿孔が終了し、残った切粉を排出した後に弁を全閉状態にします。

イ:正しい。記述の通りです。

ウ:誤り。
錐が管面に当たる穿孔中はハンドルの回転が重く感じられ、終了に近づくと回転は軽く感じられます。

エ:正しい。危険物が存在する環境では手動式穿孔機を用います。

正答は4となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この給水装置工事主任技術者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。