過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

給水装置工事主任技術者の過去問「第46948問」を出題

問題

[ 設定等 ]
給水管の配管工事に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。
   1 .
ステンレス鋼鋼管の曲げ加工は、ベンダーにより行い、加熱による焼曲げ加工等は行ってはならない。
   2 .
ステンレス鋼鋼管の曲げの最大角度は、原則として90°(補角)とし、曲げ部分にしわ、ねじれ等がないようにする。
   3 .
硬質銅管の曲げ加工は、専用パイプベンダーを用いて行う。
   4 .
ポリエチレン二層管( 1 種管)の曲げ半径は、管の外径の 20 倍以上とする。
( 給水装置工事主任技術者試験 令和元年度(2019年) 給水装置工事法 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
16
評価しない
正答:3

1.適当。
ステンレス鋼鋼管を加熱すると管が潰れる可能性があるため、ベンダーによって曲げ加工をします。

2.適当。記述の通りです。

3.不適当。専用パイプベンダーを用いるのは「軟質」銅管の場合です。
硬質銅管では曲げ加工は行いません。

4.適当。
最小曲げ半径以下で無理に曲げると材質の劣化や寿命の縮みに繋がります。
ただし、2020年度に改訂された技術指針では、ポリエチレン2層管の最小曲げ半径は「管の外径の25倍以上」に変更されましたので注意しましょう。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この給水装置工事主任技術者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。