過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

給水装置工事主任技術者の過去問 令和元年度(2019年) 給水装置施工管理法 問57

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
建設業法第26条に関する次の記述の(   )内に入る語句の組み合わせのうち、適当なものはどれか。

発注者から直接建設工事を請け負った( ア )は、下請契約の請負代金の額(当該下請契約が二つ以上あるときは、それらの請負代金の総額)が( イ )万円以上になる場合においては、( ウ )を置かなければならない。
   1 .
ア:特定建設業者  イ:1,000  ウ:主任技術者
   2 .
ア:一般建設業者  イ:4,000  ウ:主任技術者
   3 .
ア:一般建設業者  イ:1,000  ウ:監理技術者
   4 .
ア:特定建設業者  イ:4,000  ウ:監理技術者
( 給水装置工事主任技術者試験 令和元年度(2019年) 給水装置施工管理法 問57 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (1件)

評価する
14
評価しない
ア:特定建設業者
イ:4,000
ウ:監理技術者
が正しい組み合わせとなります。

特定建設業許可は、発注者から工事を直接請け負い、かつ税込4,000万円以上の工事を下請けに出す場合に必要な許可となります。
元請けでも下請け工事の発注金額が4,000万円未満、または一式工事で6,000万円未満の場合に必要な許可は一般建設業許可となります。
したがって本問では、文脈からア=特定建設業者、イ=4,000となります。

また、工事の規模が小さい場合には主任技術者を置く必要がありますが、本問のような特定建設業者が元請けとなって4,000万円以上を下請けに出す場合には監理技術者を置く必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この給水装置工事主任技術者 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。