過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

建築物環境衛生管理技術者の過去問 第48回(平成30年度(2018年)) 建築物の環境衛生 問32

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
騒音に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
   1 .
騒音によって起こる4,000Hz付近の聴力低下を、C5ディップという。
   2 .
大きく高い騒音に一時的に曝露されることによる聴力の低下を、一過性聴力閾値低下という。
   3 .
騒音によって、末梢血管の収縮、血圧の上昇、胃の働きの抑制等が起きる。
   4 .
マスキング効果は、マスクされる音の最小可聴値の音圧レベル上昇量で示される。
   5 .
騒音による永久性難聴の程度や進行具合には、個人差が大きい。
( 第48回 建築物環境衛生管理技術者試験 建築物の環境衛生 問32 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この建築物環境衛生管理技術者 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。