過去問.com

介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度) 生活支援技術    介護福祉士 過去問 | 無料の過去問題

問題

ベッド上での洗髪の介護に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
洗髪前は、ブラッシングを控える。
 2 . 
シャンプー剤を直接頭皮につける。
 3 . 
爪を立てマッサージしながら洗う。
 4 . 
すすぎ湯を流す前にシャンプーの泡を取り除く。
 5 . 
ドライヤーは、頭皮から5cm離して使用する。
この介護福祉士 過去問の解説(3件)
12

正解は4です。すすぐ時間を少なくすることができますし、すすぐためのお湯も少なくて済みます。

各選択肢については以下のとおりです。
1→洗髪前にブラッシングをすると髪が絡みにくくなること、頭皮に付着した汚れを浮かせておく効果があることが利点として挙げられます。
2→シャンプー剤を直接頭皮につけると刺激が強く、人によっては、頭皮を傷める原因につながります。そのため、泡立ててから行います。
3→爪を立てると頭皮が傷つきます。指の腹を使い、マッサージするように洗います。
5→ドライヤーを使うときは、やけどに注意します。頭皮から5センチでは熱すぎます。ドライヤーの性能にもよりますが、まず自分の手で距離を確認して使うべきです。目安は20センチくらいです。

2014/11/02 22:53
ID : wpoxudbb
付箋メモを残すことが出来ます。
6

正解は4です。
すすぐ前にシャンプーの泡を取り除けばすすぎ湯が少なく、またすすぐ時間を短くできます。

この問題は自分が洗髪の時の事を考えるとわかりやすいです。
1→洗髪前にブラッシングをすると髪が絡みにくく洗いやすくなります。
2→シャンプーは泡立ててから頭皮につけます。
3→爪をたてると頭皮が傷つく恐れがあるので、指の腹で洗うのが基本です。
5→頭皮から5センチですと、熱すぎます。自分で使っているときの事を想像すると、もっと離してかけているはずです。

2014/06/28 21:27
ID : hxoywgeqm
3

正解は4です。
1. × 整髪前に整えておくことで髪の毛の絡みを防ぐことができます。
2. × 肌の弱い方もおられます。直接、頭皮につけることにより荒れてしまうことも考えられるため、介護者が手で泡立ててから髪につけるます。
3. × 爪を立てて洗うと、頭皮を傷つける要因になります。
4. ○
5. × 最低20㎝は頭皮から離して使用します。

2016/06/17 00:40
ID : jjmjtmfkja
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 介護福祉士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。