介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第10291問 出題

問題

耳、鼻の清潔保持の介護に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
耳垢(耳あか)が取りにくいときはピンセットを使う。
 2 . 
乾燥した耳垢(耳あか)は綿棒で湿らせてから取る。
 3 . 
綿棒は内耳まで入れる。
 4 . 
鼻は左右同時にかむ。
 5 . 
鼻毛は毛抜きで抜く。

この介護福祉士 過去問の解説(3件)

評価する
19
評価しない
正解は2です。
乾燥した耳垢は綿棒で湿らせてから取ると、
される側が痛くなく、きれいに取る事ができます。

この問題も、自分がされる方になって考えるとおのずと正解がわかると思います。
1→耳の穴にピンセットは穴に対し大きいですし、耳の内部を傷つける恐れがあります。
3→耳掃除は耳の入り口から見える範囲がいいです。内耳とは耳の鼓膜の内側なのでそこまで入れたら鼓膜が破れてしまいます。
4→耳の圧に負担がかかるので片方ずつかみます。
普段一般的に行っている行為です。
5→鼻毛は太い為、毛抜きで抜くと炎症をおこしやすいです。専用のカッター・はさみを使用しましょう。
評価後のアイコン
2014/07/01 22:56
ID : hxoywgeqm
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
固く固まった耳垢を取るときは、綿棒にベビーオイルをつけ、耳の中を湿らせ、傷つけないように取る。
評価後のアイコン
2014/06/23 19:40
ID : bmbwoeqagq
評価する
3
評価しない
正解は2です。湿らせる際、一番いいのは耳鼻咽喉科でていねい水(耳垢水)を処方してもらい、それを使うのがいいです。

各選択肢については以下のとおりです。
1→ピンセットを使うと、耳の中を傷つけるおそれがあります。耳垢がとれないときは、耳鼻咽喉科を受診すべきです。
3→耳の構造は外側から外耳・中耳・内耳となっています。内耳まで入れるというのは奥深くまで入れるということになり、誤りです。内耳は鼓膜の内側なので鼓膜を破ることになります。通常、めやすは耳の入り口から1センチ程度です。
4→鼻と耳はつながっているので、左右同時にかむと中耳に圧力がかかり鼓膜を損傷するおそれがあります。
5→鼻毛は専用のはさみやカッターを使います。毛抜きで抜くと、毛根部分が炎症を起こす可能性があります。
評価後のアイコン
2014/11/03 08:25
ID : wpoxudbb
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。