過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10308問」を出題

問題

[ 設定等 ]
チームアプローチに関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
1 .  他のチームメンバーの役割は、知らなくてよい。
2 .  医療職は、チームアプローチを主導する。
3 .  チームメンバーの人数は、決まっている。
4 .  利用者は、チームアプローチの中心である。
5 .  ボランティアは、チームメンバーにはなれない。
( 介護福祉士国家試験 第25回(平成24年度) 介護過程 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
22
評価しない
正解は4です。
利用者の希望・状態を考慮して行う事なので、利用者が中心となります。
チームアプローチとは、介護サービスなどの福祉サービスの提供を、医療・介護・地域等がチームで行うことにより、利用者に対し総合的で質の高いサービスの提供を図ることをいいます。

1→「知らなくていい」というネガティブな解答文は誤りであることが多いです。お互いの役割は理解しておいたほうがいいですよね。
2→医療職は医療面でのアプローチを主導する事が多いです。支援内容によって分野ごとの専門職が主導することになります。
3→メンバー数は状況や支援内容により変わります。
固定ではありません。
5→ボランティアも利用者の生活を支える一人なのでチームアプローチのメンバーとなります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
正解は4です。
チームアプローチとは、利用者に対してどのような医療・介護のサービスを行うのがいいのか、医療・福祉のそれぞれの職種が専門的視点から利用者様を支援します。そのため、利用者が中心にいなくては成り立ちません。

各選択肢については、以下のとおりです。
1→他職種と目的を共有し、支援していく方法なので、他のチームメンバーの役割の把握は大切です。
2→支援内容によって、医療職が主導することもあれば、福祉職が主導することもあります。
3→どのような支援を行うかによって、人数は異なります。
5→利用者にかかわっている人であれば、ボランティアであっても重要なメンバーの一人です。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は4です。

現在の医療や介護は、複数の職種がチームとなってサービスを提供するのが基本です。利用者を中心に、各職種が周りを囲むようにサポートを行なうのがチームアプローチになります。

1.他のメンバーの役割を知っておかなければ、良いサービスは提供できません。

2.チームアプローチに上下関係はなく、内容によって主導する職種は変わります。

3.人数は決まっていません。必要な治療や介護に応じて、チームを編成する職種や人数は変わってきます。

5.ボランティアも重要なチームメンバーです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。