過去問.com

介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 社会の理解  過去問題 | 無料の試験問題

問題

生活保護制度における扶助と給付の方法として、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
生活扶助は、現物給付が原則である
 2 . 
医療扶助は、金銭給付が原則である
 3 . 
介護扶助は、金銭給付が原則である
 4 . 
出産扶助は、金銭給付が原則である
 5 . 
葬祭扶助は、現物給付が原則である
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
32

正解は 4 です。

生活保護制度における扶助は8つあり、その給付の方法は以下の通りです。
<金銭給付>
生活扶助・教育扶助・住宅扶助・出産扶助・生業扶助・葬祭扶助
<現物給付>
医療扶助・介護扶助

2014/08/05 23:21
ID : qxeqvpry
18

正解は4です。
生活保護法で規定される扶助のうち、金銭給付なのは生活扶助・教育扶助・住宅扶助・出産扶助・生業扶助・葬祭扶助です。

医療の現物給付とは投薬、処置、手術、入院等の直接給付の事をいいます。
出産と医療が混ざらないように気を付けましょう。

2014/12/21 22:29
ID : hxoywgeqm
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。