過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10415問」を出題

問題

[ 設定等 ]
ベッド上で差し込み便器を使用し、排便するときの介助に関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。
   1 .
ベッド上での排泄を説明し、了解を得る
   2 .
便器の中にトイレットペーパーを敷く
   3 .
仙骨部を便器のふちに当て固定する
   4 .
男性の場合は尿器を同時に準備する
   5 .
気兼ねなく一人で排便できる環境をつくる
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
39
評価しない
正解は 3 です。

仙骨部とは、お尻~腰の間の骨が出っ張っている部分です。
便器のふちにあててしまうと痛いので、肛門を中心に来るようにし、それでも当たってしまう場合には上または下にずらして調整します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
20
評価しない
排泄介助に関しては、利用者の「恥ずかしい」「申し訳ない」という精神面への配慮と衛生・感染防止の面での配慮が必要になります。

選択肢1,5については、メンタル面への配慮として正しいです。

選択肢2は、排泄の際の音や跳ね返りを防ぐため必要です。

選択肢3は、肛門部が便器の中央に来るように注意します。

選択肢4は正しい行為です。
評価後のアイコン
評価する
11
評価しない
正解は3です。
差し込み便器を使用するときには、使用する人に対して、説明と了解を得ること、排泄環境を作るといったプライバシーを守る対応が必要となります。
男性には尿意を感じたときのために尿器を用意する、便器が体に当たって痛みがないか確認を行うことも必要です。また、差し込み便器にトイレットペーパーを敷いておくことで後処理がしやすくなります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。