過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10430問」を出題

問題

[ 設定等 ]
老年期の発達に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
老性自覚の出現年齢には個人差がある
   2 .
疾病は老性自覚の出現には影響しない
   3 .
社会的役割は定年により喪失する
   4 .
精神機能は一貫して低下する
   5 .
サクセスフルエイジングは客観的な幸福感のことである
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 発達と老化の理解 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
38
評価しない
老性自覚とは、自分が「老い」を感じることを指します。そのため、個人差があり、疾病の有無によっても体力や気力に影響を与えます。精神機能にしても個人差があります。

選択肢3の定年は職業上の区切りです。社会的役割は社会の中での役割のことなので、町内の活動で役割をもったり、ボランティアで役割をもったりと職業以外の役割はいろいろあります。定年で喪失するとはいえません。

選択肢5のサクセスフルエイジングとは、「幸福な老い」のことであり、主観的なものです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
正解は 1 です。

老成自覚の出現年齢は、人それぞれです。
例えば定年を迎えるにあたって「もう自分もそんな年か」と老成自覚をする人もいますし、90歳を超えているのに未だに毎日畑仕事をしていて「若い者にはまだまだ負けん!」という人もいます。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は1です。
老生自覚とは、老いを自覚すること。人それぞれに出現する年齢は異なります。環境の変化や、体調の変化と同じように、個人差があるものです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。