過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第24回(平成23年度) 発達と老化の理解 問71を出題

問題

[ 設定等 ]
老化に伴う身体の変化の特徴として、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
皮膚表面が湿潤化する
   2 .
味覚の感受性が高まる
   3 .
血中ヘモグロビン量が増加する
   4 .
疾病罹患時に定型的な症状が出現する
   5 .
免疫機能が低下する
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 発達と老化の理解 問71 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
39
評価しない
老化を身体の機能の側面からみれば、老化=全身の機能低下といえます。

選択肢1→皮膚の機能低下により水分の保持ができなくなるため、乾燥します。

選択肢2→感覚が鈍麻していくため、感受性は低くなります。

選択肢3→造血機能が低下するため、ヘモグロビンは減少します。

選択肢4→老化は、疾患の有無や環境に左右されるため、個人差が大きいです。そのため、症状は非定型になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
15
評価しない
正解は 5 です。

一般的に、免疫機能は老化とともに低下すると言われています。
これは、体の老化に伴い体力が低下したり、思うような活動が出来ない事へのストレスなどが影響していると考えられています。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
正解は5です。
老化に伴い、様々な機能が低下します。皮膚の水分量、感度、免疫機能の低下もこれに含まれます。

4(×)疾病の出現症状は、人によって異なります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。