介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第10519問 出題

問題

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
介護老人福祉施設で暮らすFさん(88歳、男性)は、1年前に脳梗塞を患い、軽度の右片麻痺があるが週に1回書道を 楽しんでいる。
この書道サークルは、地域ボランティアの手伝いによって運営されており、Fさんとボランティアとの関係も良好である。 Fさんは暇をみつけては同室のGさんに書道を勧めていたが、Gさんは乗り気ではない。Fさんの性格は職人気質であり、 書道に関しては自分流のやり方にこだわりがある。過去には書道教室の先生をしており、また個展を開いた経験もある。 最近、認知症の症状が現れ、部屋に閉じこもるようになり、活動に参加しても時折、半紙の前で動きが止まり、いらいら するようになった。

【問題】
認知症の症状が出てきたFさんに対するレクリエーション活動援助として、最も適切なものを一つ選びなさい。
 1 . 
書道に関する思い出話をしながら、書道の援助を行う。
 2 . 
手の動きが止まったら、墨が乾く前に書くように声をかける。
 3 . 
活動中に席を離れたら、すぐ活動に戻るように促す。
 4 . 
他の利用者と同じ墨や半紙を用意する。
 5 . 
書道よりも脳に刺激のあるゲームを勧める。

この介護福祉士 過去問の解説(3件)

評価する
3
評価しない
正解は 1 です。

半紙に向かい手が止まっている時に、さりげなく「昔は書道の先生をしていらっしゃったんですよね。小学生くらいのお子さんが初めて書道教室に通われた時にFさんが書かせていた字はどんな字だったんですか?」などと、昔を思い出しながら、楽しく書道が出来るような声掛けをしてみたり、「Fさんが一番お得意な字は何ですか?」と気分よく書けるような字を促してみる事が適切な援助であると言えます。
評価後のアイコン
2015/02/16 22:06
ID : qxeqvpry
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
1.○ 書道が楽しいと思える環境の提供が重要。
2.× 自尊心を傷つけるため不正解。
3.× 嫌なものを無理に勧めることは楽しいレクリエーションには繋がらないため不正解。
4.× こだわりの強い人の為、自分に合ったものを提供するべき。
5.× 書道が本人にとっての強い思い出なので、その部分で脳の活性化や楽しむことを見つけて行くことが大切。
評価後のアイコン
2014/08/30 22:09
ID : myoeumyn
評価する
1
評価しない
正解は1です。

認知症の症状が出たからといって書道ができなくなったわけではありません。活動の中で、思い出話しをしながら書道に向かうことで、本人のやりがいが生まれることも期待できます。
評価後のアイコン
2016/12/30 22:57
ID : epcujbuen
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。