過去問.com

介護福祉士国家試験 第23回(平成22年度) 形態別介護技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
Jさん(72歳、女性)は活動的で友人と買い物や旅行などによく行っていた。娘(40歳)は働いているため、Jさんは家事全般を引き受けていた。しかし、4か月前に路上で転倒し、大腿骨頸部骨折(をした。入院治療を行 い退院し、多少は歩くことができるようになったが、要介護1と認定され、訪問介護が導入された。退院後のJさんは気力の低下が著しく、家から出ることが少なくなったが、友人が毎日Jさんを訪問していた。この頃からJさんはいらいらしやすい、気が焦る、よく眠れないと訴えるようになった。病院受診の結果うつ病と診断され内 服治療が開始された。最近はちょっとしたことをあれこれ心配し、「お腹が痛むから、がんではないかしら…」 と言い出した。

【問題】
訪問介護員のJさんへの支援として、適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
病気は良くなる一方だと説明した。
 2 . 
気分転換のため散歩に誘った。
 3 . 
朝方には気分が良くなると説明した。
 4 . 
十分に休養をとるように話し合った。
 5 . 
一人になれるようにそっとしておいた。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
9

正解は4です。
心気症状は、不安障害やうつ病を合併することが非常に多いと言われています。
Jさんも実際にうつ病として内服加療が開始になっています。
この場合は、気分転換よりは休養が必要です。
一人にすると自殺企図などの可能性もありますので、Jさんの話を傾聴しつつ気持ちが落ち着くように側にいて差し上げることが望ましいです。
いくら言葉で何ともないと説明されても納得できないのが心気症状ですので、あまりくどくどと介護者側から言葉をかけると逆効果です。

2014/08/31 14:36
ID : bqzuosqqxo
7

1:× 病気の診断を行うのは医師である。
2:× 多少歩ける程度であれば、散歩が身体の負担となる可能性がある
3:× 訪問介護員は病気の診断を行わない
4:○ 訴えをきき、十分に休養をとるように促す
5:× 一人でそっとしておくのはあまりよくない

2014/10/04 22:11
ID : jjuehzgo
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。