過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 社会福祉概論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

市町村が保険者となる国民健康保険制度に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
傷病手当金の支給が義務づけられている。
 2 . 
一部負担金の割合は、年齢や所得にかかわりなく3割である。
 3 . 
健康保険とは異なり、出産育児一時金は支給されない。
 4 . 
保険料の算定は、世帯の負担能力に応じた応能負担方式によって統一されている。
 5 . 
高額療養費の自己負担限度額は、健康保険と同じである。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
16

1:× 国民健康保険制度では義務づけられていない。
2:× 国民健康保険制度の一部負担金は、年齢や所得によって異なる。
3:× 出産育児一時金が支給されている。
4:× 国民健康保険制度の保険料の算定は、応能負担方式と応益負担方式の組み合わせで決定される。
5:○ 高額療養費の自己負担限度額は、健康保険と同じ。

2014/10/18 14:25
ID : jjuehzgo
5

正解は5です。
国民健康保険も、通常の健康保険も、基本的な制度設計はほとんど変わりありません。

3.出産育児一時金は支給されますが、出産手当金の支給はありません。

2014/08/31 15:42
ID : bqzuosqqxo
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。