過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第10684問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




安定した姿勢を保持する方法に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
 1 . 
立位では、両足をそろえる。
 2 . 
椅座位(いざい)では、利き手側の肘掛に体重をかける。
 3 . 
つえを使った立位では、つえを身体に密着させる。
 4 . 
ベッドの端に腰掛ける座位では、足底面を床につける。
 5 . 
側臥位(そくがい)では、身体をまっすぐにする。
( 介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 介護技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
12
評価しない
正解は4です。
1→立位では両足を広げる方が安定します。
2→椅座位では、どちらか片側ではなく両側の肘掛けに均等に体重をかけた方が安定します。
3→杖は体から少し離した方が安定します。
5→側臥位では体を少し曲げた方が安定します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
正解は 4 です。

1.× 肩幅程度に足を広げて立つことにより、支持基底面積が広がり安定します。

2.× 体幹と頭を垂直に保つためにも両肘掛けに均等に体重をかけることにより、安定します。

3.× 杖は身体から少し離れたところに持ちます。

4.○

5.× 腰を少し引き、体をくの字に曲げることによって安定します。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は「4」です。

不正解とその解説
「1」・・・立位は肩幅程度に足を開いた方が安定します。

「2」・・・片側だけでなく、両側に体重をかけた方が安定します。

「3」・・・杖を使用する際は少し体から離した方が安定します。

「5」・・・側臥位は体をくの字に曲げ、腰を少し引いた体勢が安定します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。