過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 介護技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
Gさん(85歳、女性)は、夫(88歳)との2人暮らしである。子供3人はいずれも独立して県外に住んでいる。3か月ほど前に玄関 先の段差につまずき転倒した。左大腿骨頚部骨折と診断され入院し、手術を受けた。その後の経過は順調で、車いすでの自走ができる までに回復した。何かにつかまれば2m程度なら歩行できる。ベッド横でポータブルトイレを使用して、一部介助で排泄している。食 事や衣服の着脱、歯磨きも座った状態であれば一人でできる。「家に帰り夫の食事をつくりたい」というGさんの強い要望で、退院し た。夫は「また転ぶのではないか」と思っている。退院前に、週2回の訪問介護サービスが計画された。

【問題】
次のうち、Gさんの退院時の要望を実現するための援助として、最も適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
一人での歩行練習
 2 . 
立ったままでの歯磨き
 3 . 
車いすでの訪問介護員との調理
 4 . 
普段着への着替え
 5 . 
ポータブルトイレでの排泄
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
4

正解は3です。
Gさんの退院時の希望は「夫の食事をつくりたい」でした。
これを叶えるためには、現時点では車椅子に乗ったままで調理を行う必要があり、それには訪問介護員の適切な介助が必要です。

2014/09/29 20:32
ID : bqzuosqqxo
-1

正解は3です。
夫の食事を作りたいと話すGさんが、自宅で調理を行うために援助することがもっとも適切です。
骨折後は、車椅子を使用しているので、調理しやすいよう対応することが大切になります。

2016/08/17 20:18
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。