過去問.com

介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 形態別介護技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
右利きの女性、Jさん(38歳)は、1年前に交通事故で脳の右半球に損傷を負い、重度の片麻痺と高次脳機能障害と診断を受け た。3か月前より、身体障害者更生施設に入所している。日中活動では立位安定の機能訓練が行われている。食事は自立している が、排泄、入浴などの日常生活には介助が必要である。午後は、自分で車いすを操作し、花壇の見えるところまで室内を移動して る。休日には夫と娘が面会に来ており、一緒に野外の散歩を楽しんでいる。

【問題】
花壇を見ていたJさんが車いすから立とうとして転倒した。転倒防止に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
立位動作の支援は訓練時に限定する。
 2 . 
車いすにY字帯をつける。
 3 . 
車いすに離床センサーをつける。
 4 . 
日々の散歩の付き添いは家族に任せる。
 5 . 
車いすの使用時間を限定する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
12

正解は3です。
車いすに離床センサーをつけると、Jさんが立ち上がったときに介護従事者がJさんの動きを知ることができるため、転倒防止の迅速な対応につながります。

各選択肢については、以下のとおりです。
1→立位動作の支援は、訓練時だけに限らず、必要な場面で行います。
2→Y字帯をつけることは身体拘束にあたります。
4→家族がいないときは介護従事者が付き添います。
5→車いすの使用時間を限定することは、活動エリアを狭めてしまうことにもつながります。不適切です。

2014/12/17 21:30
ID : wpoxudbb
-1

正解は3です。

転倒防止のためといっても、行動や動作を制限する、①、②、④、⑤のような対応は適切ではありません。

2016/08/18 22:12
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。