過去問.com

介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) 老人福祉論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

高齢者関連の法律に関する次の記述の空欄A, B, C,に該当する語句の組み合わせとして、正しいものを一つ選びなさい。

老人福祉法の目的には「老人に対し、その( A )のために必要な措置を講じることが規定されている。また、同法の基本理念の一つには、「老人は、その希望と能力に応じ、適当な仕事に従事する機会その他(  B )に参加する機会を与えられる」こと等が規定されている。介護保険法の目的には、要介護者等が、「尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した(  C )を営むことができるよう必要な給付を行うことが規定されている。

 1 . 
A心身の健康の保持及び生活の安定------B社会的活動------C日常生活
 2 . 
A心身の健康の保持及び生活の安定------B社会的活動------C社会生活
 3 . 
A心身の健康の保持及び経済的安定------B経済的活動------C日常生活
 4 . 
A医療の確保及び生活の安定------------B経済的活動------C社会生活
 5 . 
A医療の確保及び心身の健康------------B社会的活動------C日常生活
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
3

正解は1です。
老人福祉法の第1条から第3条がこの設問に関係しています。法文の詳細はこちらをごらんください。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S38/S38HO133.html

2014/12/28 09:23
ID : wpoxudbb
0

正解は1です。

老人福祉法は、1963年に制定された法律です。
目的には「心身の健康保持及び生活の安定」、基本理念には「社会的活動」についてが記されています。
介護保険法は、1997年に制定されました。第一章第一条に、目的として「有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう」との記載があります。

2016/08/20 16:05
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。