過去問.com

介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) レクリエーション活動援助法  過去問題 | 無料の試験問題

問題

レクリエーション活動援助計画の立案に関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。 

 1 . 
利用者の思いや願いを反映させる。
 2 . 
利用者や家族からの聞き取りや行動の観察などを通して、情報を得る。
 3 . 
レクリエーション活動によってQOL(生活の質)の向上を図るという視点から、情報を得る。
 4 . 
利用者がレクリエーション活動を楽しみ、より生き生きした生活を継続できるようにする。
 5 . 
利用者それぞれのニーズに応えるのは困難であるので、画一的なプログラムを立てる。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は5です。
レクリエーションの主体は利用者です。レクリエーションにも個別のものと集団のものとがあります。利用者のニーズが多様化しているため、レクリエーションもまた多様性をもったものである必要があります。画一的なプログラムにするのは誤りです。

2015/01/05 22:40
ID : wpoxudbb
0

正解は5です。
5(×)→レクリエーションは個人的なものであるがゆえ多様なものです。そのため利用者それぞれのニーズに応えるためにも画一的なプログラムを立てないことが大切です。個別で行うものやグループで行うものを工夫しながら画一的にならないよう立案することが適切です。

2016/04/05 00:30
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。