過去問.com
過去問.com  >   介護福祉士 過去問  >   過去問題 一覧  >   介護福祉士 過去問 第21回(平成20年度) 一覧  >   老人・障害者の心理 問題10764
問題

介護福祉士 過去問
老人・障害者の心理 問題10764

認知症高齢者への対応に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
誤ったことをした時は、間違った点を指摘し、反省を促す。
 2 . 
感情が不安定なので、日常生活面で心理的刺激の効果は望めない。
 3 . 
認知機能が低下することから、知的な作業は負担となるので避ける。
 4 . 
生活の場面で、出来ることを見つけて、支援する。
 5 . 
発症には、様々な原因があるが、原因の違いにより対応を変える必要はない。
この介護福祉士 過去問の解説(2件)
2

正解は4です。
できることをしていただくことは、機能の低下を防ぎます。また、それが「できた」という成功体験につながると認知症の進行を緩やかにする可能性があるのです。

各選択肢については以下のとおりです。

1→間違った点を指摘し、反省を促すことは、ご本人が自信をなくし、うつ状態へとつなげる危険性があります。そのため不適切です。

2→認知症の人は言葉の理解は難しくなっていきますが、話をしている人の表情や声のトーンなどから、感じとります。心理的刺激の効果が望めないとして、接し方が変わると、不安を感じ、うつ状態にさせてしまう危険性があります。そのため、不適切です。

3→正解のところで触れましたが、できることはやっていただくことで、残存機能の保持につながります。

5→原因となる病気によっては、単に認知症症状だけでなく、さまざまな身体的症状も出てきます。それに沿った対応が必要です。

2015/01/18 22:40
ID : wpoxudbb
付箋メモを残すことが出来ます。
1

正解は 4 です。

認知症高齢者に対する支援で重要なのは「出来る事はしてもらう」という点です。
時間がかかるから、余計な手間がかかるからとすぐに手を出してしまっていては、ますます認知症の進行に拍車がかかってしまいます。
上手く出来なくても、失敗するとわかっていても、やってもらうという事に意義があります。

2014/09/24 15:32
ID : qxeqvpry
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 介護福祉士の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ アプリ)から無料でご利用いただけます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。