過去問.com

介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) 医学一般  過去問題 | 無料の試験問題

問題

糖尿病に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

 1 . 
血糖値のわずかな変動でも体調に影響する。
 2 . 
定期的な眼科受診が必要である。
 3 . 
健常者に比べ感染症の危険は高くない。
 4 . 
インスリンが発症早期には投与しない。
 5 . 
発症早期には運動療法は効果がない。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
9

正解は 2 です。

糖尿病患者は、糖尿病神経障害・糖尿病腎症・糖尿病網膜症という三大合併症を発症する恐れがあります。
そのうち糖尿病網膜症は、眼底にある網膜という部分が悪くなり視力が低下、そのままにしておくと失明に至ってしまう事もある為、定期的に眼科を受診し、経過を観察する必要があります。

2014/09/30 18:54
ID : qxeqvpry
6

正解は2です。
糖尿病が進むと「糖尿病性網膜症」になるおそれがあります。そのため、定期的な眼科受診が欠かせません。

各選択肢については以下のとおりです。
1→血糖値のわずかな変動では自覚症状にあらわれません。急激な低血糖の場合、冷や汗がでたり意識を失ったりすることがあります。

3→糖尿病の人、特に血糖コントロールが不良な方は、免疫機能の低下がみられ、糖尿病ではない人あまり表れないような感染力の低い病原体にも反応します。多いものとしては、肺炎、膀胱炎、腎盂腎炎、皮膚炎、などがあります。

4→糖尿病にはⅠ型とⅡ型という型があります。Ⅰ型ではインスリン投与を行います。Ⅱ型では、患者様の状態によりインスリンを使う場合、使わない場合があります。糖尿病のタイプによって治療法には差があります。よって、発症早期に投与しないとは言い切れません。

5→Ⅱ型糖尿病の基本は、食事療法、運動療法です。よって、運動療法は効果があります。それで血糖コントロールが改善しなければ経口投与を用い、それでも改善しなければインスリンを用います。

2015/01/20 22:20
ID : wpoxudbb
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。