過去問.com

介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) 精神保健  過去問題 | 無料の試験問題

問題

「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
知的障害を有する者は、「精神障害」の定義に含まれない。
 2 . 
市町村は、精神保健福祉センターを設置しなければならない。
 3 . 
任意入院とは、精神障害者本人の同意に基づく入院である。
 4 . 
自傷他害のおそれがあると都道府県知事が判断した精神障害者は、医療保護入院となる。
 5 . 
精神障害者又はその疑いがある者についての診察の申請は、警察官又は検察官でなければ行うことができない。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
14

正解は 3 です。

1:知的障害を有する者も「精神障害」の定義に含まれます。

2:精神保健福祉センターの設置義務があるのは都道府県です。

4:選択肢の説明は「措置入院」の説明です。医療保護入院は、自傷他害のおそれはないものの、入院が必要と判断されたが、本人から入院の同意が得られない場合に保護者の同意で行われる入院の事です。

5:診察の申請は、警察官又は検察官に限らず誰でも行う事が出来ます。

2014/10/24 17:06
ID : qxeqvpry
10

正解は3です。
「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」にはいくつかの入院形態があります。

措置入院:入院させなければ自傷・他傷の恐れがある場合で精神保健指定医2名以上の合意に基づき、都道府県知事が強制的に国等の設置した精神科病院または指定病院に入院させるもの。

緊急措置入院:精神障害者またはその疑いのあるものに対して、措置入院の手続きをとるまで待てないような緊急度の高いものに72時間に限り、都道府県知事が強制的に国等の設置した精神科病院または指定病院に入院させるもの。

医療保護入院:医療と保護の必要性があり、家族の同意のもと、精神保健指定医1名の診断に基づき、病院管理者の命令に基づき入院させるもの。

応急入院:医療保護の対象者で家族の同意が得られないものについて、精神保健指定医1名の診断に基づき、病院管理者の命令に基づき72時間に限り入院させるもの。

1→知的障害は「精神障害」の定義に含まれます。法文の第5条に「この法律で『精神障碍者』とは、統合失調症、精神作用物質による急性中毒又はその依存症、知的障害、精神病質その他の精神疾患を有するものをいう」と書かれています。

2→都道府県には設置義務があります。(法6条)市町村に設置義務はありません。

4→説明済の入院形態参照。

5→精神障害者又はその疑いのある者を知った者は、誰でも、その者について指定医の診察及び必要な保護を都道府県知事に申請することができると法22条にあります。

2015/01/29 20:23
ID : wpoxudbb
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。