過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第21回(平成20年度) 精神保健 問68

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
パニック障害に関する次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。
   1 .
パニック発作では、現実の危険が存在しない中で、強い恐怖又は不快感を伴う特徴的な症状を示す。
   2 .
パニック障害では、本人はあらかじめパニック発作の発生を予測できる。
   3 .
パニック障害は、薬物療法、認知行動療法、その併用などによって改善が期待できる。
   4 .
特定の恐怖症や社会恐怖においても、パニック発作と類似した行動がよく見られる。
   5 .
パニック発作は、不安障害だけでなく、他の精神疾患や身体疾患と関連して起こり得る。
( 介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) 精神保健 問68 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

22
正解は 2 です。

パニック障害は、予兆がなく突然起きる発作です。
ただし、パニック発作を繰り返すうちに、どういった場所や状況で起きやすいのかという傾向を掴む事は出来ます。
付箋メモを残すことが出来ます。
7
2☓ パニック発作は急性のもので予期できません。突然、息苦しさや動悸を感じ、強い不安に襲われます。
6
正解は2です。
パニック障害とは、不安神経症とも呼ばれています。何の前触れもなくめまい、動悸、呼吸困難といった症状(パニック発作)が繰り返し起き、発作にたる不安とそれに伴う回避行動が見られる病気です。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。