介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第10829問 出題

問題

聴覚・言語機能障害者のコミュニケーション手段に関する次の記述のうち、適切なものに○、適切でないものに×をつけた場合、その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。

A 先天性聴覚障害者では、一般的に手話が有効である。
B 中途失聴者では、一般的に筆談が有効である。
C 麻痺性構音障害者では、障害の程度によってはコミュニケーションエイドが有効である。
D 感覚性失語症者では、運動性失語症者に比べ、絵カードが有効である。
 1 . 
A○ B○ C○ D×
 2 . 
A○ B○ C× D○
 3 . 
A○ B× C○ D○
 4 . 
A× B○ C○ D×
 5 . 
A× B× C× D○
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この介護福祉士 過去問の解説(2件)

評価する
23
評価しない
A◯ 先天性聴覚障害者にとって有効なコミュニケーション手段の一つです。しかし、手話が分からない人や使いたがらない人もいることを覚えておきましょう。
B◯
C◯ 麻痺性構音障害とは、脳卒中などにより話すときに使う筋肉や神経の麻痺による障害です。筆談、五十音表、携帯用会話補助器(トーキングエイドなど)などのコミュニケーションエイドの活用が有効的です。
D☓ 感覚性失語症(ウェルニッケ失語症)は、相手の話していることが理解できない特徴があります。つまり、言葉そのものの理解が障害されています。ですから、絵カードは有効ではありません。しかし、状況判断能力や推測する力は以前持っていることが多いので、ジェスチャーを交えながらゆっくり話しかけるなどしてコミュニケーションをとるようにすることができるかもしれません。
評価後のアイコン
2014/12/23 16:26
ID : paksxhpn
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は1です。
感覚性失語(ウェルニッケ失語)は、言葉を受け取る、理解することに障害がでます。そのため絵カードから読み取り理解することが困難であるため、Dは不適切な文章となります。感覚性失語症の方は動きを理解することが出来るためジェスチャーなどを使いコミュニケーションをとることが適切な対応です。
評価後のアイコン
2016/04/05 22:56
ID : epcujbuen
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。