過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第16179問」を出題

問題

[ 設定等 ]
介護実践におけるリハビリテーションの考え方として、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
自助努力に任せる。
   2 .
生活の視点を重視する。
   3 .
時間を限定して行う。
   4 .
疾病治療を目標とする。
   5 .
リハビリテーション室で集中的に行う。
( 介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 介護の基本 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
25
評価しない
正解は2です。
リハビリテーションとは、「再び適した状態になること」「本来あるべき状態への回復」などの意味を持っています。つまり、生活しやすいように状態を良くしようとするものなのです。その人が今までどんな生活を送ってきて、そしてこれからどんな生活を希望しているのか。この生活の視点こそがリハビリテーションにはとても重要なことなのです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
22
評価しない
正解は 2 です。

介護においては、リハビリテーションの目的を、在宅生活への復帰とする事が多いです。
自力でトイレに行けるか、ご飯が食べられるか、洋服が着られるかなど生活の視点を重視して行われます。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は2です。
介護でのリハビリは、介護を必要とする本人にとって快適な生活をもたらすこと、また家族や生活の場(地域など)が上京を受け入れ、安定した状態にするといった目的があります。また、医学的な機能回復だけでなく、社会的なものも関わってくることが特徴です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。