過去問.com

介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) コミュニケーション技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

ICT(Information and Communications Technology : 情報通信技術)を使った介護記録と情報管理の留意点として、最も適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
USBフラッシュメモリは、紛失や盗難の危険性が低い。
 2 . 
記録者以外が、入力したデータを修正してもよい。
 3 . 
データは気づいた時にバックアップ(backup)すればよい。
 4 . 
ウイルス対策ソフトを用いても、情報は漏れることがある。
 5 . 
パスワードは変更しない。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
14

正解は4です。
たとえウイルス対策ソフトを利用していたとしても、全てのウイルスに対して万能ではないと思っておいてください。世の中にはさまざまなコンピュータウイルスが存在し、未だに検出方法がわからないものも存在しているのです。
ICTを利用した情報管理には、今まで以上に注意が必要であり、他者の重要な情報を管理しているという認識を忘れずに行動をしなければなりませんね。

2014/09/20 07:23
ID : cuddbcbtek
13

正解は 4 です。

パソコンを使用する人には簡単な問題だったと思います。
場合によっては紙媒体の記録よりも情報が漏れやすい、データの改ざんをされやすい事もあるので、常に危機管理意識を持つ事が重要です。

2014/08/17 14:30
ID : qxeqvpry
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。