過去問.com

介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) コミュニケーション技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

「ヒヤリ・ハット」事例を共有する目的として、最も適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
事故の予防
 2 . 
事故の分析
 3 . 
情報の公開
 4 . 
苦情への対応
 5 . 
管理者への報告
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
14

正解は1です。
ヒヤリハットは事故が起こりうる状態のことを指しています。ですから、改善することができる状態なのです。ヒヤリハット事例から事故を未然に防ぐ方法を検討し、共有していくことで、事故につながらないようにすることが重要です。

選択肢でもっとも多く悩まれたと思われるのは、2ではないでしょうか。これは「事故の分析」となっており、既に事故が起こってしまった状態を指しています。ヒヤリハットは事故が起こりうる状態のことですから、2は不正解となるのです。

2014/09/20 07:27
ID : cuddbcbtek
6

正解は 1 です。

ヒヤリ・ハット事例は、一歩間違うと事故に繋がったと思った事例の事です。
どういう状況でどういう事故が起こりそうだったのかを共有する事で、同じ状況での事故を未然に防ぐ目的があります。

2014/08/17 17:14
ID : qxeqvpry
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。