過去問.com

介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 生活支援技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

ボディメカニクスを活用したベッド上の移動介護に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

 1 . 
臥位から座位への介護では、利用者の腰部を支点にする。
 2 . 
介護職の重心と利用者の重心との距離は、離れている方が良い。
 3 . 
利用者の身体とベッドの接する面積を狭くする。
 4 . 
水平移動では、介護職はベッドの端に両肘をつける。
 5 . 
腰痛予防のため、介護職は主に腕の筋力を活用する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
20

正解は3です。
ボディメカニクスを利用したベッド上の移動では、なるべく利用者とベッドとの接地面を少なくすることが大切です。接地面が多いとその分だけ摩擦が加わり、移動に過度な力が必要となってしまうためです。膝を立ててもらったり、腕を胸の前で組んでもらったりするなどして、なるべく接地面を少なくした方がよいでしょう。

2014/09/20 08:42
ID : cuddbcbtek
12

正解は 3 です。

ベッドと接する面積が広いとそれだけ摩擦の力が加わる事になります。
利用者の腕を胸でクロスさせたり膝を立てたりする事で、接地面積を小さくし、摩擦を極力かけないようにする事が出来るので、介護者の負担を減らす事が出来ます。

2014/08/20 11:01
ID : qxeqvpry
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。